Skip to main content

New EP "blue blue blue"

Our New EP "blue blue blue" will be out 2016.02.10

recorded by Geru Matsuishi from Panic Smile.
mixed by fredricson.
Lyric and details are written below.

新しいEP『blue blue blue』が2016年2月10日から配信されます。録音はPANIC SMILEの松石ゲルさんで、ミックスはレミ街の荒木正比呂さんにお願いしました。
indiegrabPublic RhythmJAPAN TIMESMake Believe MelodiesSoundfrinedで紹介されました。

  
1. blue
2. 人魚と海 (mermaid in the sea)
3. 街 (this city)
4. 通り雨 (passing shower)
5. Blue Coprinus Mix


以下に歌詞を掲載します。

1 "blue" 
一生かかっても埋まらないから探し続けている 
覗きこんだそばから吸い込まれそう どこまでも深い青
I have been searching something in all my life, with hollow in my mind.
I would be swallowed by the deepest blue as soon as looking into it

期待しててもいつも知らん顔 誰にも触れられないように
実は理不尽なのは君の方 まるで子供みたいに
I always pretend to be not interested in, even if I expected to. apart from touch by anyone. Are you kidding?  Actually you are so wired.

寂しいくらいに自由に 何もかもを決められるから
誰かが居る不自由さを 今は懐かしく思うよ
It is so free as lonesome, beacuse I can decide anything.
I have nostalgia for inconvenience caused by being with someone together.

無数の光の粒ひしめき合う夜の町の中で
どこかで泣いてるあの頃瞬く 半透明な日々
In the city of night where many lights are together
I used to be tearing at somewhere, it blinked, It's translucent days.

よく知らない子たちと遊んだ あとは帰って眠るだけ
私の望む未来も きっと 君が望まない未来も
I was stranger there. Nothing left but to go home and sleep.
It might be same about a future I hope or a future you won't hope.

寂しいくらいに自由さ 何もかもを決められるなら
誰かが居る不自由さを 今は懐かしく思うよ
It is so free as lonesome, because I can decide anything.
I have nostalgia for inconvenience caused by being with someone together.

寂しいくらいに自由で 透き通るこの気持ち
天気雨の中を待っていた あの人は陽射しの中
It is so free as lonesome, this feeling with transparency.
I was waiting in sun shower, but that guys were in sunlight.




2. 人魚と海(ningyo to umi)  / mermaid in the sea

この隙間を埋めることは望まない 今はこのまま揺られていたい
正しさがもうわからないと首を振るのはやめた
I don't hope to cover this space. Now I wanna sway as it is.
I quit to shake head to express that I can't see rightness.

ここにいるための嘘を咲かせて ここにいるための理由を探した
いくつもの嘘が輝くなら 上手におどけているよ
I make a lie to bloom to be here, I look for the reason to be here.
I will play the fool well, if Some lies would be shining.

あなたが私に作る海を泳ぐ 人魚とさみしがりやの海
言葉だけではもう埋められないのなら この海を温めて
I would swim the sea you made for me, A mermaid in the sea for lonely person.
The words no longer could cover it, So, Could you warm this sea?

錯覚でも思い込みだとしても いつかはきっと本当になって
あなたが笑う 穏やかな波間に揺られて歌うの 
It might be an ilusion or misunderstanding, someday it would be true.
You are smiling, I am swaying in gentle waves, and singing.

あなたが私に作る海を泳ぐ 人魚とさみしがりやの海
満ちる海の底で響く歌声は この海へ あなたへ
I would swim the sea you made for me, A mermaid in the sea for lonely person.
A singing voice would echo and fill it from the bottom of the sea, for the sea and you.




3. 街(Machi) /  This City

見上げた空に遠く 輝く一番星 君が愛した
この街で流れるまま 記憶だけ塗り替えて
I look over the sky, the first star is shining, which you loved.
I wander in this city, to paint just only the memory.

さよなら どうして 離れてしまった 僕らの時間は止まったまま
今だけこのまま 目を閉じたままでいてもいいでしょう
温かな腕を 忘れてしまえば そうしてひとりで歩けるのに
何度も何度も思い出すんだ 笑い合うあの日を
Good-bye, why did you leave?
Our time still stopped from then.
Could you allow me to close my eyes just for a while from now.
If I forget your warm arms, and could walk alone.
I remember you again and again, the day we laughed together.

   
深まる夜の底で 少しだけ静かに眠っていよう
目を閉じていても聞こえる 知らずにはいられない
For a while, I will be sleeping quietly at the bottom of the deeper night.
I can hear it when my eyes closed, I can't help knowing.

時々すべてがわからなくなるよ 焦っていらだつ胸の奥で
帰りたい場所は遠い日の中 僕はそこにいた    
柔らかな声も忘れてしまうの そうして一人で歩けるなら
形作るもの そのすべてを深く思っていた
Sometimes I forget everything in a hurry and irritate heart.
My home is far away, I was there.
I wanna see you, see you. I will forget you.
and can walk in solitude.
I had thought deeply about all what make me alive.

離れて見ていて ひとりで立てるよ そうしてどこまで行けるのだろう
僕が見る光 寄り添う影 遠く導いて
Look at me from distance. I can stand in solitude place.
could I go how far by myslef?
The light I see, the shadow nearby me, let guide me far away.

さよなら さよなら 忘れはしないよ
僕を温めるいくつもの
未来へと続く 永遠の日々
僕はここにいる
Good-bye, Good-bye. I never forget it.
Somethings warm me 
Eternal days it goes on to the future.
I am here.






4. 通り雨(tooriame) / passing shower

明け方目が覚めてそのまま眠れないから しらしらと明けていく空を眺めた
早すぎた昨日と遅すぎる今日の 行ったり来たりを繰り返して
I woke up at dawn, couldn't sleep. I was watching the sky that began to light.
Yesterday too fast, Today too late, I come and go many times.

たいていはブルー 時々晴れ ドキドキする事もういいから
あたたかなベッドで静かに眠りたい
usually blue somtimes clear, I quit anything it excite me.
I just wanna sleep at warm bed quietly

冷たい雨を今もまだ思っているのですか
通り雨のあと まだ聞こえる
Have you still been feeling cold rain?
It still sounds after passing shower.

描いた未来の地図はもうどこへも連れてってはくれない
飛び越えた景色の中で あの子は笑った
I once wrote the map to go future, won't take me to anywhere.
She smiled at the scenery where I jumped out.

忘れないで言葉よりも つないだその手の温もりだけを頼りにして 
今日は生きてる
Don't forget that I live my life with warmth of your hand than words.

冷たい雨がしみ込んだ私のこの体 通り雨のあと まだ聞こえる
Cold rain has soaked into me. It still sounds after passing shower.





CRUNCH "Blue" Coprinus Mixについて

「blue」のリミックスを手掛ける事になり、mix作業が大体終わった2015年末に何も考えず頭から作り始めました。

序盤を作り終えて、その後広げるのか、のせるのか、カジュアルかアブストラクトかという感じで悩みました。しばらくの間決めかねていたので、とりあえずセクション毎に日を変えて作る、というのを繰り返して構成を積み上げていきました。

そうやって制作していったある日、通しで聞いてみると、別々の曲をコラージュした様で展開感が曖昧ではあったけど、音が歌の周りをドロッとまとわりついて液体の様に変化していく感じが気に入ったので、掴めそうで掴めない感じはそのまま生かす事にしました。

木を燃やした時に出る木タールとか、ヒトヨタケ(一夜茸 英名Coprinus)の溶けていくときみたいな、とにかく副産物的な美しいドロドロが歌から放たれて伝わっていくイメージです。

その後はそのバランスを保ったままどれだけ広げられるかが勝負になり、ぼんやりしすぎないようにも注意して、足して引いてを繰り返し。最後までいったら今度は前半に戻ってまた手を加えるというのを繰り返し、ようやくぴたっとハマった瞬間があったのでそこで完成としました。

完成したのは16年1月、この冬一番の寒い日でした。

荒木正比呂(fredricson / レミ街 / tigerMos)






The song "Blue" was played by guitar, bass, drums and glockenspiel.
recorded by Geru Matsuishi from Panic Smile.
mixed by Masahiro Araki a.k.a. tigerMos, Remigai.
composed by Noriyo(Guitar / Main Vocal).



Published by INDIENATIVE 

Review on Make Believe Melodies,  soundfrined,
Frontaal Naakt, and LITTLE INDIE BLOGS. plus bento
bloadcast on Codigo DF Mexico.

ピッチフォーク等に寄稿するパトリックさんのサイト、そしてニューヨークの音楽ブログ、オランダのカルチャーブログ、ロンドンの音楽ブログにレビュー掲載されました。特にロンドンのLITTLE INDIE BLOGSはガーディアン紙公認の音楽サイトです。加えてドイツのカルチャーメディアbento、メキシコ市公営ラジオCodigo DFでオンエアいただきました(アーカイブあり)


Review on beehype. included in beehype's monthly playlist & best of 2015!!  on Make Believe Melodies’ Favorite Japanese Songs Of 2015

世界中のインディーを扱う音楽メディアbeehypeに堀田のコメントが掲載されました。
マンスリープレイリスト2015年のベストソングリストにもまとめられています。
パトリックさんのサイトで2015年の30曲としても紹介いただきました。


We are on hypemachine! and Reddit Listentothis!!
世界中の音楽サイトで取り上げられた曲をさらにキュレートするサイトhypemachineでも私達の記事がまとめられています。巨大ソーシャルサイトRedditの音楽欄Listentothisで2016年1月11日にトップにランクされました。こちらで様々なコメントも。